BLOG ブログ

IT投資に対して保守的な業種とは??

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-303ページ「第2-3-33図 IT投資額の内訳として最も多かったもの」を見ましたが、今日はⅡ-305ページ「第2-3-34図 業種別に見た、IT投資額の傾向と今後の計画」を見ていきます。

下図から、業種別に、IT投資額の傾向と今後の計画を見ると、建設業は直近5年間で増加傾向にあった企業が5割以上となっており、全業種で最も割合が高いことが分かる。

段階1~2の企業が5割以上を占め、直近2年間のIT投資は未実施の企業が3割以上となっていた宿泊業・飲食サービス業と運輸・郵便業は、直近5年間のIT投資も未実施だった企業が約4割となっている。

今後5年間もIT投資を予定していない企業がそれぞれ約3割、約2割となっている。

このことから、外部環境の変化や感染症による影響などによらず、IT投資に対して保守的な姿勢を継続する企業が一定数存在していると考えられる。

労働生産性をいかに高めるか。これが、今、日本の中小企業に問われている最も大きな課題です。

白書は、宿泊業・飲食サービス業と運輸・郵便業にこそ、改善点が多いということをいいたいのでしょう。

ですが、経営者も意固地になっている訳ではなく、その方向性と方法が分からない。よって、ここを一緒に考えてあげることで、流れが変わるかもしれません。

中小企業支援者には、そういう役割が求められていることでもあるのでしょうね。

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031