BLOG ブログ

コスト上昇分を価格転嫁できていますか??

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-268ページ「第2-3-7図 業種別に見た、直近1年間の各コストの動向」を見ましたが、今日はⅡ-269ページ「第2-3-8図 業種別に見た、直近1年のコスト全般の変動に対する価格転嫁の状況」を見ていきます。

下図から、業種別に、直近1年のコスト全般の変動に対する価格転嫁の状況について見ると、「概ね転嫁できた」と回答したのはいずれの業種においても2割未満である。

「転嫁できなかった」と回答したのは製造業やサービス業では4割超、その他業でも3割超となっていることが分かります。

やはり、値上げできずに苦労している、中小企業が大半である。

そもそも電気やガソリンのように、仕入コストが高くなったからといって、すぐに販売価格に転嫁できれば、誰も苦労はしません。

ロシアによるウクライナや歴史的な円安で、今年は値上げが相次ぎましたが、もしも、これらが逆回転を始めたら、それは値下げとなっていくのだろうか。

今、中小企業も積極的に、プラス30円以上の賃上げに取り組んでいますが、この固定費の増加を、逆回転下でも、中小企業は維持吸収できる体力があるのだろうか。

どのようにすれば、中小企業の経営に明るさを感じることができるのか、考えちゃいますね。。。

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930