BLOG ブログ

借入金が月商の5倍を超えていますか??

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-244ページ「第2-2-152図 借入金の過剰感」を見ましたが、今日はⅡ-245ページ「第2-2-153図 現在の借入金の過剰感別に見た、借入金月商倍率(2021年)の分布」を見ていきます。

下図から、借入金の過剰感別に、借入金の水準を見ると、「大いに感じている」と回答した企業では、借入金月商倍率が5倍を超える企業が半数以上となっている一方で、借入金の過剰感を「ほとんど感じていない」と回答した企業では、多くの企業で借入金月商倍率が2倍以下となっていることが分かります。

融資を専門としていないので、借入金の水準が妥当かどうかは、これまで「固定長期適合率」で判断していましたが、今回の結果のとおり、月商で比べるのは、簡単でよいですね。

月商の5倍が、一つの基準のようです。基準として検討してみましょう!

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930