BLOG ブログ

いくつの時に社長に就任しましたか?

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-188ページ「第2-2-103図 業種別に見た、経営者の経営歴(中小企業と大企業)」を見ましたが、今日はⅡ-189ページ「第2-2-104図 就任経緯別に見た、経営者に就任した年齢」を見ていきます。

下図から、経営者の就任経緯別に、経営者に就任した年齢について見ると、「創業者」は、30代以下が6割超と若い年代で経営者に就任する割合が高い一方、「内部昇格」や「親会社や取引先からの派遣・招へい、買収、その他」では、50代以上で経営者に就任する割合が高いことが分かります。

わたしが中小企業診断士になった三十路の時には、お客様は皆、天命を知る年上ばかり。言うまでもなく、先生と呼ばれることなどなかったし、それ以前に、わたしの話を真剣に聞いてくれる人は皆無に等しかった苦い記憶があります。

四半世紀経つと、相談相手の経営者は、9割以上が年下で、天命を知るわたしを先生と呼んでくれることにも違和感もなくなってしまいました。

最近は、知らない言葉が増えているし、新手の経営手法には、驚くことも珍しくありません。

時流をいかにキャッチアップしていくか、これからは、こういう難しさを楽しめ、ということなのでしょうね!!

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031