BLOG ブログ

組織体制の見直しと売上高の関係とは??

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-129ページ「第2-2-48図 組織体制の見直しのきっかけ」を見ましたが、今日はⅡ-130ページ「第2-2-49図 従業員規模別及び組織体制の見直しの有無別に見た、売上高増加率(中央値)」を見ていきます。

下図から、従業員規模別及び組織体制の見直し状況別に、売上高増加率について見ると、いずれの規模においても、組織体制の見直しを実施している企業の方が、売上高増加率が高いことが分かります。

この結果について白書は、企業の成長に当たっては、自社の方針の見直しや環境変化に対応して、柔軟に組織体制の見直しを図っていくことが重要といえよう、とあります。

まさに、チャンドラーの「組織は戦略に従う」ですね。「戦略は組織に従う」のとどちらが現実的なのか、中小企業診断士を勉強をしているときに、仲間とお酒を飲みながら、熱く語った記憶があります。

今、思うと、この両者は、昼夜のように交互に訪れ、表にいるときは裏を支えるという関係のように感じます。

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930