BLOG ブログ

優先順位が高い情報からデータベース化しよう!!

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2022年版「中小企業白書」 「第3章 共通基盤としての取引適正化とデジタル化、経営力再構築伴走支援」 Ⅱ-347ページ「第2-3-65図 業種別に見た情報の管理方法」を見ました。

 今日は、Ⅱ-348ページ「第2-3-66図 2021年におけるデジタル化の優先度と情報の管理方法の関係」を見ます。

下図から、2021年時点における、デジタル化の優先度別に見た情報の管理方法について見ると、事業方針上の優先順位が高いほど、情報を電子ファイルで管理していることが分かります。

一方、デジタル化の優先度の順位付けが行われていない企業においては、電子化の取組が進んでいないことが分かる。

また、事業方針上の優先度が高い、やや高い場合でも、データベース化に至る企業の割合は半数程度であり、特にサプライチェーンにおいてはデータベース化への障壁の高さがうかがえる、とあります。

事業方針上の優先順位が高いほど、デジタル化するということは、デジタル化することで、多面的にデータを見られるようになるということなのでしょう。

小売店で言えば、性別・年齢・居住地と購入した商品・購買頻度・購買額を分析することで、お客様が気がついていない商品を提案できるようになる。

こういう戦略的なデータ分析を仕掛けることがデジタル化の狙いといえるのでしょう!

#中小企業診断士 #地域活性化伝道師 #2022年版中小企業白書 #中小企業白書を読む #事業再構築補助金 #補助金の申請

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031