BLOG ブログ

経営理念はステークホルダーに対するものなのか??

おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

昨日は2022年版「中小企業白書」 第2部「 新たな時代へ向けた自己変革力」 Ⅱ-145ページ「第2-2-61図 経営理念・ビジョンの具体的な内容(自由回答)」を見ましたが、今日はⅡ-146ページ「第2-2-62図 ステークホルダーに関する経営理念・ビジョンを掲げる企業」を見ます。

下図からステークホルダーに関する経営理念・ビジョンを掲げる企業について見ると、8割以上の企業は、複数の利害関係者を意識した経営理念・ビジョンとなっていることが分かります。

この結果について白書は、近江商人の「三方よしの精神」に代表されるように、特定の利害関係者ではなく、企業を取り巻く複数のステークホルダーとの共生を追求した経営理念・ビジョンを掲げる企業が少なくないことが見て取れる、とあります。

ステークホルダーとは、企業が経営をするうえで、直接的または間接的に影響を受ける利害関係者のことです。よって、経営理念とは、ステークホルダーに対する宣言という役割りを担っていると思っていたので、この割合の高さに違和感を感じません。むしろ、それでも8割どまりというところに、経営理念の役割が「三方よし」に変化していることを感じます。参考までに、ステーク(stake)とは「掛け金」のことですって~笑!!

#中小企業診断士 #地域活性化伝道師 #2022年版中小企業白書 #中小企業白書を読む

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031