BLOG ブログ

ケイツネは宿泊業と飲食サービス業が低い!!

おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

昨日は2021年版「中小企業白書」168ページ「第 2-1-8図 業種別に見た自己資本比率の分布(2019年度)」を見ましたが、今日は169ページ「第 2-1-9図 業種別に見た、中規模企業の売上高経常利益率の平均(2019年度)」を見ます。

下図から業種別に収益性を表す売上高経常利益率(2019 年度時点)の平均値について見ると、宿泊業、飲食サービス業では低く、建設業や情報通信業では高くなっていることが分かります。

ここでも飲食・宿泊業が格段に低いという流れですね。まったくの余談ですが、我々の世代は経常利益のことを「ケイツネ」と呼んでいましたが、今の世代は呼ばないらしいです。「アラリ」とかいうのも一世代前なのでしょうね~!!

#中小企業診断士 #地域活性化伝道師 #2021年版中小企業白書 #中小企業白書を読む

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031