BLOG ブログ

デジタル化は感染症にも強い!

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-294ページ「第2-3-26図 取組状況別に見た、労働生産性と売上高の変化」を見ましたが、今日はⅡ-295ページ「第2-3-27図 感染症流行下の取組状況の進展別に見た、労働生産性と売上高の変化」を見ていきます。

下図から、感染症流行下の取組状況の進展別に、2019年から2021年にかけての労働生産性と売上高の変化率を見ると、感染症流行下でデジタル化の取組が進展した企業は、進展しなかった企業と比べて労働生産性及び売上高の減少幅が小さく、感染症の影響が低い傾向にあったことが見て取れる。

この結果について白書は、デジタル化による業務効率化やデータ利活用の取組が奏功した企業において業績面にプラスの効果があった可能性や、感染症による影響を抑えられた企業がデジタル化の取組段階を進展させた可能性が考えられる、とあります。

落とし所は、デジタル化に取り組んでおけば、感染症などの想定外の事態に強くなるということ。これは確かにそうでしょう。

ところで、昨日、会議していてふと思ったのですが、最近、オンラインよりもリアルが増えている。そして、会議室からアクリル板が撤去されているということ。

喉元過ぎれば熱さを忘れるではないですが、結局は、コロナ前の当たり前に時間をかけて戻っていくのかもしれませんね!

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031