BLOG ブログ

コロナからの回復具合を見る!!

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-258ページ「第2-2-166図 起業に当たり最も影響を受けた人」を見ましたが、今日はⅡ-263ページ「第2-3-1図 業種別に見た、受注量及び受注単価の変化(2021年)」を見ていきます。

下図から、最も多く取引している販売先との取引において、業種別に、2021年の受注量及び受注単価の変化について見ると、業種に関わらず、4割程度の企業で、2020年と比べると受注量が減少していることが分かる。

一方で、製造業では4割程度、サービス業やその他業では3割程度の企業で、受注量が増加しており、一部の企業では、感染症流行による影響から回復している様子も見て取れる。

また、受注単価については、業種に関わらず、減少しているのは2割程度となっており、多くの企業では横ばいか増加傾向となっている、とあります。

ここから白書は第3章「共通基盤としての取引適正化とデジタル化、経営力再構築伴走支援」に入ります。

新型コロナウイルスにより、中小企業はどのような影響を受けたのか、そして、現在はどの程度回復しているのか、この具合をデータで見ていくのかもしれません。

まずは読み進んでいきましょう!

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930