BLOG ブログ

どの分野で外部人材を活用するのがよいのか??

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-134ページ「第2-2-52図 業種別に見た、外部人材の活用意向」を見ましたが、今日はⅡ-135ページ「第2-2-53図 従業員規模別に見た、外部人材の活用を検討している分野」を見ていきます。

下図から、従業員規模別に、外部人材を活用したい分野について見ると、規模に関わらず、幅広い分野で外部人材の活用を望む様子が見て取れます。

また、規模による差異について見ると、規模が小さい企業では「営業・販売促進」の割合が相対的に高く、規模の大きい企業では「IT導入」や「新規事業開発」の割合が相対的に高いことが分かります。

規模が小さくなるほど、営業で外部人材を頼みたいというのは、分かりますね。従業員を雇用するよりも、ミッションとそれに基づく報酬を明確にした方が、経営者の心理的なストレスが減るからでしょう。

ですが、助っ人というのは、必ずしも期待通りに働いてくれるとは限らない。むしろ、期待しないで釣り竿を垂らすような気構えがよいのでしょうね!

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031