BLOG ブログ

ボーナスを支給すると売上が上がる!!

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2023年版「中小企業白書」 Ⅱ-121ページ「第2-2-43図 従業員規模別に見た、直近5年間の賞与・一時金の支給状況」を見ましたが、今日はⅡ-122ページ「第2-2-44図 賃上げ実施及び賞与・一時金の支給状況別、売上高増加率の水準」を見ていきます。

下図から、直近5年間の賃上げ実施及び賞与・一時金の支給状況別に、売上高増加率の水準について見ると、賃上げを実施している企業や賞与・一時金の支給を実施している企業の方が、売上高増加率が高いことが分かります。

この結果について白書は、どちらが起点となるかという論点はあるものの、賃上げや賞与・一時金の支給を実施し、従業員のモチベーションを高め、企業が成長し、更に賃上げや賞与・一時金の支給を実施するという好循環を作り出すことが重要である、とあります。

賞与・一時金、いわゆる、ボーナスは従業員のモチベーションを高める起点になるのではないかということです。

わたしは会社員時代、自分なりに大きな仕事をした満足感があったのに、管理部門であったために、全社の業績が悪くボーナスが下がったことに疑問を感じたことがあります。

そもそも、ハーズバーグは給与は動機付けの要因にはならないと言っていました。

経営者の人事評価、モチベーション管理がますます難しくなってきますね!!

#中小企業診断士 #2022年版中小企業白書 #地域活性化伝道師

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930