BLOG ブログ

コンサルとの面談時間はどれくらいですか??

第10回事業再構築補助金の申請を受け付けています!
検討されている方、ご興味のある方、ちょっとだけ話を聞いてみたいという方、お待ちしております!!

 おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

 昨日は、2022年版「中小企業白書」 「第3章 共通基盤としての取引適正化とデジタル化、経営力再構築伴走支援」 Ⅱ-372ページ「第2-3-81図 支援機関別に見た、支援対象事業者との面談頻度」を見ました。

 今日は、Ⅱ-373ページ「第2-3-82図 支援機関別に見た、支援対象事業者との面談時間」を見ます。

下図から、支援機関別に、支援対象事業者との面談時間について見ると、商工会・商工会議所や金融機関では、「30分以上1時間未満」の割合が6割超と最も高く、中小企業診断士やその他支援事業者では、「1時間以上2時間未満」が最も高いことが分かります。

いつも打ち合わせしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいますが、終了後に時計を見ると、だいたい90分経過しています。

それでも、終わったら、ぐったり。。。

わたしの集中力の限界は、90分ということなのでしょうね!!

問題は時間の長短ではなく、事前の準備です。

聞きたいこと、まとめたいことをあらかじめ、整理しておいて、その順番に聞いていく。

当たり前と思うかもしれませんが、これができるようになるには、かなり経験が必要なんですよ!!

#中小企業診断士 #地域活性化伝道師 #2022年版中小企業白書 #中小企業白書を読む #事業再構築補助金 #補助金の申請

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031