BLOG ブログ

宿泊業は労働装備率が高い。。。

おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

昨日は令和3年版(2021年版)「観光白書」90ページ「図表Ⅱ- 60 産業別 労働生産性(従業員 1 人当たり付加価値額)(2019 年度)」を見ましたが、今日は91ページ「図表Ⅱ- 61 産業別 労働装備率(2019 年度)」を見ます。

下図について白書は、労働装備率についてみると、宿泊業は全産業に比べると低いものの、サービス業の中では高い水準となっている、とあります。

労働装備率とは、労働生産性(付加価値額/従業員数)は労働装備率(有形固定資産額/従業員数)と設備投資効率(付加価値額/有形固定資産額)の積のことです。要するに、従業員一人がどれくらいの装備をしているか。宿泊業は建物と装備という固定資産が高額になるので、こういう結果になる訳ですね!

#中小企業診断士 #地域活性化伝道師 #2021版観光白書 #観光白書白書を読む

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031