BLOG ブログ

日本を旅する外国人の居住国・地域別はどこか??

おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

昨日は令和3年版(2021年版)「観光白書」85ページ「コラム図表Ⅱ-9- 1 日本への来訪者の内訳」を見ましたが、今日は85ページ「コラム図表Ⅱ-9- 2 居住国・地域別」を見ます。

下図について白書は、ビジネス客の居住国・地域をみると、中国、韓国、米国の順に多かった。観光・レジャー客と比較すると、東アジアの割合が低く、東南アジア(タイを除く)やインド、英国、ドイツ、米国などの割合が高いのが特徴と言える。性年代別でみると、男性 30~40 代の比率が高い、とあります。

台湾との距離がぐーっと近づいたので、今年は台湾が一位になるのではないでしょうか。その一方で、韓国の大統領が反日ではなくなったので、韓国人の訪日客数の増加にも大いに期待したいですね。いずれにしても、政治で観光客が増減しないようにして欲しいですね!!

#中小企業診断士 #地域活性化伝道師 #2021版観光白書 #観光白書白書を読む

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031