BLOG ブログ

損益分岐点比率を低めていますか??

おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡 力(ながおかつとむ)です。

昨日は2021年版「中小企業白書」164ページ「第 2-1-4図 経常利益率の推移」を見ましたが、今日は165ページ「第 2-1-5図 損益分岐点比率の推移」を見ます。

下図から損益分岐点比率の推移について見ると、大企業の損益分岐点比率は 2019 年度時点で60.0%にまで改善している一方、中規模企業では 85.1%、小規模企業では 92.7%と、改善はしているものの大企業との格差が大きくなっていることが分かります。

この結果について白書は、売上高が大きく減少するような局面での耐性は、大企業に比べて低いことが推察される、とあります。

損益分岐点比率とは、売上高が現在の何%以下の水準になると赤字になるかを表す指標であり、売上高の減少に対する耐性を示します。つまり、100がプラスマイナスゼロで低くなるほど、経営は健全ということです~!!

#中小企業診断士 #地域活性化伝道師 #2021年版中小企業白書 #中小企業白書を読む

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ - にほんブログ村

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031